脱ステロイド&脱保湿をはじめてみた

こんにちは和田(@TOSHIHIRO_WADA)です。
今回はタイトルにもある通り、アトピーの話。
冬のこの時期空気の乾燥もあり、肌荒れの多い季節だと思います。
その対処として保湿などがありますがそもそもそれって合ってるの?
と言う疑問ありませんか?特に同じようにアトピーのみなさん!

アトピーってコントロールするもの?

今までアトピーと言うよりいわゆる乾燥肌と言う認識で生きて来て、秋冬になりちょっと乾くなぁ、赤くなるなぁと思ったら、皮膚科に行き、いわゆるステロイド軟膏とプロペト(ワセリン)等の保湿剤を処方され、それを何も考えずに塗り塗りして、症状がおさまったハッピー!
とばかりに過ごしてきたわけです。

とは言え、あれ?大丈夫か?と思うところはあり、どの皮膚科に行ってもだいたい定型文のように言われるのが

「アトピーはうまくコントロールして付き合って行きましょうね」
「どの薬が合うか見ながら二週間ごとに変えていきましょう」

2回目から検診では

先生「どうですかー?」
僕 「あまり効いてる感じがしません」
先生「じゃあ、今度はこれにしましょう。じゃまた二週間後にー」
僕 「。。。」

とこれ診察なの?と言う光の速さの診察。
そんなことを繰り返すうちに

先生「どうですかー?」
僕 「あまり効かないです」
先生「でもこれうちで出せるものでは最強だからねー」
僕 「苦笑」
先生「保湿もしっかりやってね」
僕 「あ、はい」

そうこうしているうちに冬が終わり、なんとなく乾燥しなくなったなぁ、
と言うのが僕のここ3年くらいです。
すべての皮膚科の先生がそうとは言いませんが、
病院を変えても高確率でこのパターンに流れ込みます。

円形脱毛とアトピーは関係があるらしい

皮膚科との関わりは他にもあって、僕は3年ほど前激しい円形脱毛になり、
今は丸めてスキンヘッドにしてるんですが、当時は脱毛についても皮膚科に相談に行ったわけです。

僕のスキンヘッドについてはこちらの記事に詳しく書いています。

円形脱毛。これも結局のところ原因不明とのことで(原因不明なことが問題ではない)、ストレスがどうだとか、2・3年でだいたい生えるからねぇ
と、素人でも想像できるような薄い情報の診断ばかり。
必死の思いでたどり着いた大阪で脱毛の権威と言われている脱毛外来へ行っても、特別と言えるのは紫外線を当てたりする治療くらいで、基本的には何も深いことは教えてくれませんでした。
中でも忘れられないワードが

「結局DNAの話になっちゃうんですよねー」
「免疫が弱ってるんでー」
「荒れてるところには薬(ステロイド)を出しときますね」
「アトピーとも関係あるので両方から抑えていきましょう」

あぁそうっすかー。としか言えないですよね。
3年くらい経ちますがまったく生えません。

適当な保湿って何?

そんなこんなでどうにも皮膚科不信に陥ってるわけです。
おまけに薬(ステロイド)で症状を抑えて、しっかり保湿をする。
保湿すればなんとかなる!気がつけば保湿ジャンキー完成。

以前看護師をやってる友達にプロペト(ワセリン)を使ってると話した時に、

保湿能力が失くなるから使うならほんのちょっとでいいよ!

と言ってましたが、ちょっとと言われても全身保湿するのに、ちょっとってどれくらいなのか保湿ジャンキーの僕にはもう判断ができません。
ただそんな保湿ジャンキーな僕はただ治したい、体質改善が必要ならそうしたい!

ここまでの僕の理解をまとめると
・どうやら免疫がぶっ壊れてるらしい
・自律神経失調症ぽい
・いわゆるアトピーぽい
・最強の薬は使っているのにそこまで効果があがらない
・保湿が大事らしいが適量、適当な方法がよくわからない
・季節のせいではなくなにかが根本的に違う気がする。
・脱毛症もアトピーと関係があるらしい
・アトピーを治せば脱毛症も治るかも?

以上のことからアトピーを本格的に治したいと思うようになったのでした。
けど処方される薬がないと抑えられないのに治せるんだろうか?
けどなんとかしなければ。。と無限ループの日々。

アトピー改善のために何からはじめたらいいの?

そんな僕がまず取り組んだのが腸の状態をよくすること・睡眠の質をあげること

もともとお通じはあまりいい方ではなく体も冷えがち。
いろいろ調べてみるとこれはアトピーの特徴でもあるみたい。
腸は第二の脳と言われ、腸内環境の改善はとても重要とのこと。
とりあえずスープで温かいものを食べるとか、ヨーグルトを食べるようにするなど見よう見まねでいろいろ試してますが、長年の便秘はそんなにすぐには改善されず。現在も継続中。

続いて睡眠の質をあげる

アトピーに関わらず質の高い睡眠は健康なからだ作りの基本と言えますが。
炎症が出ている状態だと、眠りに落ちる時からだが火照ってくると、その熱で痒くなりそれを我慢しようとするためなかなか眠れません。
炎症が出ている時は3時間程度がやっとです。薬塗ってなんとかと言うところ。

いろいろ調べて実践するのは嫌いではないので試してみるものの
そもそも何かが根本的に違う気がする。

そんな時におもしろいくらいなるほどなアトピー本と出会いました。
9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方/藤澤 重樹

え、アトピーって自然に治るの?

脱ステロイド&脱保湿で改善されると言うのがなかなか理解できず読んでみると自分の現状にあまりにフィットする内容でした。
内容を大まかに紹介すると

・ステロイドはそもそもアトピーを治癒させるものではない
・自分はステロイド依存性皮膚症ぽい
・アトピーは自然に治るもの
・ただし脱ステ&脱保湿のリバウンド症状は壮絶らしい
・お風呂すら一旦やめたほうがいいぽい

僕が感じてた薬(ステロイド)への違和感が全て解消されどこか腑に落ちたこともあり、これは試してみるしかないと思ったのでした。
とにかく納得できることをやりたいのです。

脱ステ&脱保湿 22日目

前置きが相当長くなりましたが、これを書いているのが、脱ステロイド&脱保湿をはじめて22日目です。
以下のルールで自己責任で挑戦中。

  • 場合によっては感染症などの恐れもあるため、何かあった時の
    ために行ける脱ステ&脱保湿を推奨する病院を調べ済み。
  • 使用するわけではないが、究極の手段としてこれまでの
    使いかけのステロイド軟膏はオイルやワセリンもそのまま。
  • ストレスを下げるため仕事量は半分以下にセーブ

はっきり言ってキツイです。
けどおもしろいくらいからだの反応がわかるようになってます。
まだまだ続けるつもりですが、正気を保つのが大変なくらいキツイですw
なかなか脅かしますがめちゃキツイですww
次回からはどんな変化が僕のからだに
起こったのか段階ごとに紹介しようと思っています。
私的からだエンタメ。また次回!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする